• こもれびスタッフ

T君のはなし


今年の3月で、一人の生徒さんが辞める。


春から高校生になりカリキュラムが大きく変わるため、一度習い事を全て辞めたいとのこと。


確か、こもれびに入ったのも同じ3月。


彼がまだ小学6年生で、もうすぐ中学校に入学するというタイミング。



英語はたしか小学校で少し触れた程度で、アルファベットから一緒に始めた。


小文字の「b」と「d」をよく書き間違えたりしたのだけれど、


それもいつからか無くなっていった。


理解も覚えも早かったから、正直本人も必死にやっているわけでもなさそうだったけれど、


巻き戻ることもほとんどなかった。




彼はピアノを習っていたから、たまに音楽の話もした。


(ちなみにその彼のピアノの先生は、昔こもれびがまだ武蔵小金井にあった頃にフランス語を取ってくださっていた方。)



少し自分の話をすると、


彼が通い始めた当時、僕はまだ大学生だったから、


大学の授業が終わったあとこもれびに行って授業をしたり、


大学の空きコマにこもれびで授業をして、また大学に戻るなんてこともやった記憶がある。


そんなことも思い出してきた。




話を戻すと、


学生がシェアスペースでやっているような塾を選んでくれて、


もしかしたらこもれびに言いたいこともあったかもしれないけれど、


当時から今まで特に何か口出しをしたり成績の話をしたりするわけでもなく


ただただ息子さんの授業を任せてくれた親御さんも、


だから印象的だったし素敵だと思った。




一度、この話を本人にしたら彼は、


「周りの話を聞くと、自分のところの親はそういう意味ではいい親なんだと思う。」


といったようなことを言っていた。




彼はいつも、話す時に繕った感じがあまりなかった。だし、それが良かった。


もちろん自分が見たのは本人のたった一面であって、


悩んだり落ち込んだりしていることもあるかもしれないけれど、




少なくとも僕が見た彼は、


鈍感なわけでもなく、


単純に色々なことに脅威を感じていないということだった。


負けずにはいられないなど考える必要が無いところに強さを感じたし、


そこには繕った自己肯定も無かった。



こういう人を、素敵だと思う。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



そうそう、今日はちょうどそんな彼との授業だったんですよ。


小学生だった彼ももう高校生か…と思いながら、今これを書いています。



あと「巻き戻ること」ですが、僕は良いことだと思います。


前に進むためには、それ以上に後ろを振り返ることだって、時には。

76回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

会話をなるめな

Twitter である投稿が “バズって” いるのを見た。 テキストは「めっちゃ納得した、英会話教室の広告」と書いてあるのみ。 画像が一枚どんと表示され、いいねの数は10万超。 投稿者は日々、そのアカウントで「いいなと思った広告をシェア」していて、件の画像はある英会話教室が2015年に公開した広告、とのこと。 画像には大きな文字で「こなんに めちくゃちゃな ぶんしょう でさえ、つわたる。」とある。

5月のイベントのお知らせ

こんにちは、語学塾こもれびです。 今回は、この場にて5月のイベントの告知をいたします。 5月の「原文を味わってみる読書会」(主催:ことばの本屋こもれび)は、 15日・29日(土)の19:30ー21:30を予定しております。 詳細については決まり次第、Peatix ( https://commorebi-books.peatix.com/ )やTwitter( https://twitter.com