• こもれびスタッフ

言葉と服

日本人はみんな同じ服装をしています。


「日本語」という服を着ているのです。


日本の文化が日本人を作って、

その日本人が話す言葉が日本語なのか。


それとも日本語が日本人を作って、

その結果できあがるのが日本の文化なのか。


鶏と卵。


簡単に分けられるものではないし、

たぶんどっちでもあるのだろうと思います。


でも僕は後者の配分の方が高いような気がします。

あくまでそんな気がするだけです。


でもやっぱりフランス語を話すとき僕はあまり日本人じゃないのです。


フランス語が話せるようになって初めて、

あぁ、今までこんな服を着せられていたんだ、とわかるようになりました。


人間の赤ちゃんに特有の現象があって、

鏡を見て、そこに映っているのが自分だとわかったとき、

「あぁこれが自分なんだ」と、大きな安堵と快感を得るようです。


外国語は勉強することで手に入る姿見です。


二着しかなくても、違う服を着るのは楽しいものです。


111回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

差異について

​ 「言語には差異しかない(Dans la langue il n’y a que des différences.)」 と言ったのはかの高名な言語学者ソシュールですが、そんなことを実感する出来事が、最近通い始めた自動車運転教習所でありました。 ニュースで話題になるくらいの大雨が降った六月のある日、僕は朝から教習所へ向かっていました。そんな雨にもかかわらず、その日は技能教習の第10回目(くらい)と

はじめまして

翻訳にもいろいろあって、簡単な翻訳と難しい翻訳がある。 たとえば何か動画の翻訳を試みるとして、ある程度の経験があれば、簡単なのは何気ない日常会話。今のご時世だったら、コロナ禍でどう影響を受けたかとか、この先どうなっていくんだろうねとか、おそらく誰もがその種の会話を経験しているだろうし、口から出ることは住む場所が違えどそう変わらない。話者の意図を汲むのもそれほど難しくないし、それができてしまえば、そ