• こもれびスタッフ

言葉と服

日本人はみんな同じ服装をしています。


「日本語」という服を着ているのです。


日本の文化が日本人を作って、

その日本人が話す言葉が日本語なのか。


それとも日本語が日本人を作って、

その結果できあがるのが日本の文化なのか。


鶏と卵。


簡単に分けられるものではないし、

たぶんどっちでもあるのだろうと思います。


でも僕は後者の配分の方が高いような気がします。

あくまでそんな気がするだけです。


でもやっぱりフランス語を話すとき僕はあまり日本人じゃないのです。


フランス語が話せるようになって初めて、

あぁ、今までこんな服を着せられていたんだ、とわかるようになりました。


人間の赤ちゃんに特有の現象があって、

鏡を見て、そこに映っているのが自分だとわかったとき、

「あぁこれが自分なんだ」と、大きな安堵と快感を得るようです。


外国語は勉強することで手に入る姿見です。


二着しかなくても、違う服を着るのは楽しいものです。


111回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

会話をなるめな

Twitter である投稿が “バズって” いるのを見た。 テキストは「めっちゃ納得した、英会話教室の広告」と書いてあるのみ。 画像が一枚どんと表示され、いいねの数は10万超。 投稿者は日々、そのアカウントで「いいなと思った広告をシェア」していて、件の画像はある英会話教室が2015年に公開した広告、とのこと。 画像には大きな文字で「こなんに めちくゃちゃな ぶんしょう でさえ、つわたる。」とある。

弾を詰める

語学教師にとって、学習者の悩みを聴くのも一つの仕事と言えるでしょう。 舌を使わなくていい発音でどうしても舌が動いてしまう、とか、関係代名詞がどうしてもうまく使えない、といった悩みに対しては教師の腕の見せ所なのですが、なかにはいやぁ、そう言われても、という種類のものもあり、その一つが 「言いたいことが咄嗟に出てこない」 です。 これに対する僕の答えは決まっています。 「当たり前です」 弾の入っていな