語彙力の公式

「わたし語彙力に自信がないんです」


と言う人が次に言う言葉はだいたいこうだ。


「もっとたくさん単語を覚えなきゃ」


きっと昔なら聞き流していただろうけど、語学教師になった今これを目の前で口にする人がいるとつい「本当にそうですか?」と言いたくなってしまう。


たくさん単語を覚えること、が悪いと言いたいわけではない。

たくさん単語を知っていることが悪いことであるはずがない。


ではなんでこの科白を好きになれないかというと、こう言うとまるで「語彙力を上げる」には「知っている単語を増やす」しかないみたいに聞こえるからだ。


痩せたいという人が血眼になって「食べる量減らさなきゃ」と言っているとしたら、いや、生活習慣変えたら?とか運動したら?とか言いたくなるのと同じように、僕も脇目もふらず「単語を増やさなきゃ」と言っている人にはいろいろ物申したくなってしまう。


でも、そもそも “語彙力” とは何だろう?


コトバンクによると、語彙力とは〝その人がもっている単語の知識と、それを使いこなす能力〟のことらしい。

これを見れば明白だが、語彙力は “知識” だけではない。つまりそれを上げるためには「単語を覚える=知識を増やす」ことももちろん重要とはいえ、本来なら「能力をあげる」ことも同じくらい重視されてもよいはず、ということだ。


ここでわかりやすく (できるかわからないけど) するために、これを公式化してみよう。


まず、語彙力 ≠ 知っている単語の数 (知識)


になるのはよいとして、


語彙力 = 知っている単語の数 × それを使いこなす能力


と言うことができそうだ。

「単語の数」はわかりやすいが、ここで問題なのは「使いこなす能力」の方だろう。

これはどう定義したらいいか?


僕なりに展開するなら、


(単語を) 使いこなす能力 = 個々の単語の理解度 (広さ、深さ) × 単語間の切り替え速度 (速さ)


さらにそれぞれ定義すると、


広さ:個々の単語の意味領域の拡がり、面積。代表的な意味だけではなく副次的な意味まで理解できているか。


深さ:語の本質に関わる解釈の深さ。辞書的な理解だけでなく、本質的なイメージをとらえられているか。


速さ:違う語が同じ意味を表したりすることに気付けるか。その組み換えを、素早く柔軟に行うことができるか ≒ 文法力


という風になる。よってまとめるなら、


語彙力 = 知っている単語の数 × それを使いこなす能力

    = 単語数 × 広さ × 深さ × 速さ


こう見ると、「語彙力を上げたい」なら闇雲に「単語数を増やす」んじゃなくて、辞書や本を読んで理解を「広げ」たり、語源や形態を学んで「深め」たり、文法を勉強して単語同士の切り替えを「速め」たりするのもいいのでは、と思うのだがどうなんでしょう。


もちろん一つだけ上げるより、せっかくなら全部上げちゃった方がいいのだが。



121回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「こもれび」が閉まります

​​ 先日のブログの案内にあった通り、12月末をもって、語学塾こもれびを閉塾することといたしました。 主な理由は、率直に申し上げるなら「厳しい経営状況」です。 コロナ禍のせいにしようとは思いません。この疫禍がなかったとして、今と同じような状況になっていなかったとは言い切れないからです。 しかし、昨年に始まる諸々の冷え込みが、直接的であれ間接的であれ、経営に影響を及ぼしたのは事実です。よってこの度、

こもれびより-朗読

「朗読とかいいんじゃないですかね?」 というスタッフ根本の一言がきっかけでした。 隔月開催の「こもれびより」も緊急事態宣言を受けて6月は中止、そのまま収束の兆しも見えず感染者数は増える一方、とは言っても8月もやらないとなっては中止癖がついてしまう… そこで、参加者の発言を最小限にしつつイベントとして成り立つもの、ということで「朗読」を提案してくれたのでした。 これまでで16回と回数を重ねたこもれび

差異について

​ 「言語には差異しかない(Dans la langue il n’y a que des différences.)」 と言ったのはかの高名な言語学者ソシュールですが、そんなことを実感する出来事が、最近通い始めた自動車運転教習所でありました。 ニュースで話題になるくらいの大雨が降った六月のある日、僕は朝から教習所へ向かっていました。そんな雨にもかかわらず、その日は技能教習の第10回目(くらい)と