• こもれびスタッフ

語彙力の公式

「わたし語彙力に自信がないんです」


と言う人が次に言う言葉はだいたいこうだ。


「もっとたくさん単語を覚えなきゃ」


きっと昔なら聞き流していただろうけど、語学教師になった今これを目の前で口にする人がいるとつい「本当にそうですか?」と言いたくなってしまう。


たくさん単語を覚えること、が悪いと言いたいわけではない。

たくさん単語を知っていることが悪いことであるはずがない。


ではなんでこの科白を好きになれないかというと、こう言うとまるで「語彙力を上げる」には「知っている単語を増やす」しかないみたいに聞こえるからだ。


痩せたいという人が血眼になって「食べる量減らさなきゃ」と言っているとしたら、いや、生活習慣変えたら?とか運動したら?とか言いたくなるのと同じように、僕も脇目もふらず「単語を増やさなきゃ」と言っている人にはいろいろ物申したくなってしまう。


でも、そもそも “語彙力” とは何だろう?


コトバンクによると、語彙力とは〝その人がもっている単語の知識と、それを使いこなす能力〟のことらしい。

これを見れば明白だが、語彙力は “知識” だけではない。つまりそれを上げるためには「単語を覚える=知識を増やす」ことももちろん重要とはいえ、本来なら「能力をあげる」ことも同じくらい重視されてもよいはず、ということだ。


ここでわかりやすく (できるかわからないけど) するために、これを公式化してみよう。


まず、語彙力 ≠ 知っている単語の数 (知識)


になるのはよいとして、


語彙力 = 知っている単語の数 × それを使いこなす能力


と言うことができそうだ。

「単語の数」はわかりやすいが、ここで問題なのは「使いこなす能力」の方だろう。

これはどう定義したらいいか?


僕なりに展開するなら、


(単語を) 使いこなす能力 = 個々の単語の理解度 (広さ、深さ) × 単語間の切り替え速度 (速さ)


さらにそれぞれ定義すると、


広さ:個々の単語の意味領域の拡がり、面積。代表的な意味だけではなく副次的な意味まで理解できているか。


深さ:語の本質に関わる解釈の深さ。辞書的な理解だけでなく、本質的なイメージをとらえられているか。


速さ:違う語が同じ意味を表したりすることに気付けるか。その組み換えを、素早く柔軟に行うことができるか ≒ 文法力


という風になる。よってまとめるなら、


語彙力 = 知っている単語の数 × それを使いこなす能力

    = 単語数 × 広さ × 深さ × 速さ


こう見ると、「語彙力を上げたい」なら闇雲に「単語数を増やす」んじゃなくて、辞書や本を読んで理解を「広げ」たり、語源や形態を学んで「深め」たり、文法を勉強して単語同士の切り替えを「速め」たりするのもいいのでは、と思うのだがどうなんでしょう。


もちろん一つだけ上げるより、せっかくなら全部上げちゃった方がいいのだが。



117回の閲覧

最新記事

すべて表示

嘘と本当

今週の授業で塾生のMちゃん (高校生) とした話を、書き残してみたいと思います。 最近、 「他人の言葉が信じられない」 「周りの人がかけてくれる誉め言葉とかが信じられない」とMちゃんは言います。 僕は「言葉なんて所詮、ぜんぶ嘘だよ」と答えました。 雑な答えのように聞こえますが、これはこれでちゃんと答えているつもりです。 Mちゃんもそれに気づいて、「そうだよね」と言ってくれます。 「それが本当に本当

ブログに代えて

ブログに代えて。 今回はお知らせです。とくに大学生のみなさん、最後までお読みいただければと思います。 今年春に始まったコロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、日本でも、形態を問わず多くの組織で対策が取られてきました。 中でも話題となったのが3月に始まった小中高の「一斉休校」。日本中の子供たちが学校へ行くことを禁止され、そこから長い長い春休みが始まりました。 こもれびに通う中高生たちを見ても反応は様

開校時間

平日 18:00~21:30

所在地

〒185-0012 東京都国分寺市本町2-22-2第一鴨下ビル201

代表者

田邉 優

  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

​© 2018-2020 語学塾こもれび 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now