• こもれびスタッフ

「英語」とは。

こもれびの田邉です。

こんにちは。



日頃考えていることがあり、今日はちょうどブログが自分の担当なので

いい機会だと思い1つ言いたいことがあります。


ずばり、

学校における科目としての「英語」は、

名前を変えてしまえば良いのではないでしょうか。




大学入試では英語だけ入試の配点が高いことがあったり、

英語が出来ればなんとなくすごいと言われたり、

電車の車内広告には英語力向上のチラシが貼ってあり、





英語が出来ることがすごくないわけではないです。


何か1つを研磨して極めていくことには変わりなく、

それは素直に、本当にすごいことです。



そうではなく、決して

「英語が出来ないから何もだめ」

ではないということを言いたいのです。





「英語が出来ない」



この場合の「英語」とは何でしょうか。




「英語」が何か変な悩みの種になっているのではないかと思います。



英語が仮に嫌いならそれでいいと思います。

無理に好きにならなくて良いと思います。






学校科目としての国語が出来ないからといって、日本語が出来ないのか。

相関性はあるとは思いますが、全く同じものではないと思います。



センター国語でミスったから日本語が出来ないと落ち込んだ人はいないでしょう。


だけど、


これからどんどん、学校では英語教育の早期導入が進みます。



英語で「点数」が取れない人は

早くからそれがいろんな意味で悩みの種になる人もいるでしょう。



この問題の大きな原因は「英語」という科目名でしょう。


英語が科目として早期導入する(されてしまう)なら、逆に

他の名前で印象付けるチャンスとも言えるかもしれません。



ここはひとつ、

「国語」と「日本語」

のように

「○○」と「英語」

と分けてみませんか。





色々な意見もあることでしょう。

反対意見も聞ければ良いなと思います。




全国の、英語で悩んでいる人と、教育者に

このブログが届くことを願って。

107回の閲覧

開校時間

火~金 16:00~21:30

所在地

〒185-0012 東京都国分寺市本町2-22-2第一鴨下ビル201

代表者

田邉 優

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

​© 2018-2020 語学塾こもれび 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now