• こもれびスタッフ

命名秘話&振り返り

「語学塾こもれび」と名乗り始めてから一年半以上が過ぎました。

最近、この名前を知ってくれている人が徐々にですが増えてきているように感じ、素直にとても嬉しいです。ひとえに応援してくださる方、噂してくださる方、そして生徒さんをはじめ足を運んでくださる方たちのおかげです。感謝。


「こもれび」という名前自体は、もう三年以上前からあるものです。理由は、僕がいちばん好きな日本語だったからでした。現象そのものが好きで木漏れ日を見つけるとついつい写真を撮ってしまうのに加え、エラ・フランシス・サンダース著『翻訳できない世界のことば』でも紹介されているように日本語でしか一言で表現できないものであるということで輪をかけて好きになり、塾の名前にまでしてしまいました。


ただ、今の僕らの「こもれび」はどんどん塾っぽくなくなっています。塾らしくあろうともしていないので当然と言えば当然ですが…。「語学塾」という名前は、“語学学校と塾の間” という意図でつけました。本当はもっとアヴァンギャルドな名前にしてもよかったのですが、やってることがよくわからない上に名前までよくわからなくなると本当によくわからなくなってしまうので、かろうじて “塾” の名前を残しました。

でもやはり「名は体を表す」とも言う通り、塾と名乗れば当然やってる僕らも塾で働いている気になるし、来てくださるみなさんも「塾なんだ~」と思ってしまうから不思議です。いや、塾だと思ってほしくないわけではないんです。むしろ塾に来るつもりで来てもらえるといい意味で裏切られると思うので、作戦通りです。


「こうありたい」という像はどんどん変容していきます。2018年の3月に国分寺に移ってきた僕らは、2019年の12月にこもれびが今の姿をしていることを予測できなかったでしょう。そのうちカフェでも出来たらいいねとか言っていた場所が、週末には本を売っていたり、休憩時間にはギターやピアノに興じてみたり、美大志望の子がホワイトボードとマーカーで異様な表現力を発揮してみせたり、イベント時には来てくださる方が多すぎてスリッパや椅子の数を気にしなくてはならない場所になっているとはわからなかったでしょう。


そう、それにしても最近のこもれびは「よくわからない」。よくわからなさで言えば、初台にあるfuzkueさんにも負けず劣らずのよくわからなさなんじゃないかなと思います。


だからこそです。


だからこそ、最近はじめてこもれびに足を運んでくださった方の「よくわからなかったから見に来てみました」という一言ほど嬉しいものはありませんでした。


名は体を、表しこそすれ覆いはしません。「語学塾こもれび」の名に収まらないものをこそ見せたいし、よくわからないことの中にあるものをこそ見たい。2020年もまた、多くの「よくわからないから行ってみたい」人たちに出会えますように。


100回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

差異について

​ 「言語には差異しかない(Dans la langue il n’y a que des différences.)」 と言ったのはかの高名な言語学者ソシュールですが、そんなことを実感する出来事が、最近通い始めた自動車運転教習所でありました。 ニュースで話題になるくらいの大雨が降った六月のある日、僕は朝から教習所へ向かっていました。そんな雨にもかかわらず、その日は技能教習の第10回目(くらい)と

はじめまして

翻訳にもいろいろあって、簡単な翻訳と難しい翻訳がある。 たとえば何か動画の翻訳を試みるとして、ある程度の経験があれば、簡単なのは何気ない日常会話。今のご時世だったら、コロナ禍でどう影響を受けたかとか、この先どうなっていくんだろうねとか、おそらく誰もがその種の会話を経験しているだろうし、口から出ることは住む場所が違えどそう変わらない。話者の意図を汲むのもそれほど難しくないし、それができてしまえば、そ